2017年3月27日月曜日

昭恵夫人付秘書に全責任転嫁の幕引きのシナリオは異常

 25日のTBSの「報道特集」で籠池氏の独占インタビューが放映されたということです。安倍首相と官邸はそういう事態になることを一番恐れていたと思いますが、同氏を証人喚問をして偽証罪に追い込もうという目論見が失敗した以上、それは甘受しなくてはなりません。
 
 安倍官邸にとって一番頭が痛いことは、昭恵夫人の関与を明白に示すFAXが出てしまったことです。当初は内容的にゼロ回答だったのだから問題はないという態度でしたが、問題は森友学園の小学校開設の件で財務省に問い合わせが行ったこと自体が、少なくとも昭恵夫人が関与したことを示している点です。
 そしてその内容も決してゼロ回答などではなくて、やや「時間遅れ」こそあったものの財務省側は最終的に籠池氏の要求を全部満たしています。
 
 そうしたところ次に安倍官邸が行った弁解は、何と夫人付秘書が個人で問い合わせをしたというものでした。
 それこそは官僚経験者たちが口を揃えて言う通り「絶対にあり得ないこと」です。そんなあり得ないことを言って憚らない官邸は、自らの品位・品格の低劣さを暴露しました。
 それだけではなく激怒した安倍首相が秘書の谷査恵子氏を呼び出し怒鳴りつけたため、ではすぐさま彼女の左遷情報(それも海外の遠隔地に飛ばされるというような酷いもの)が駆け巡ったと言われています。
 昭恵夫人の指示を仰ぎながら対応して来た筈の秘書に対するそうした仕打ちは、まさに安倍首相の酷薄な人間性を示すものです。
 
 それに対して文科省官僚の寺脇研氏は、
「役人が勝手に動くということは絶対にありません谷氏は昭恵氏の秘書役だったわけで、仕事として公務で財務省に問い合わせ、回答を得てファクスを送ったと考えるべきですしかも、谷氏は昭恵氏が塚本幼稚園で行った講演に随行し、名誉校長に就任したことも知っていた。つまり、昭恵氏が森友学園の “一員” だったことを把握していた。その森友学園側から『調べて』と頼まれれば、当然、昭恵氏のために動いたと考えるのが自然です。
と述べています(日刊ゲンダイ)
 
 また「誰も通らない裏道」氏は、
「(昭恵氏が小学校の名誉校長に就任した日、籠池氏に対して)『一人でさせて申し訳ありませんと言ったという。そこには言外にか実際に言葉に出してかはわからないが、これからは私(安倍晋三も含む)も協力しますというニュアンスが濃厚に出ていたのではないか? もしそうなら、その際に夫人が具体的なことは谷氏とやり取りしてくださいと言った可能性は十分にある。このことをして、籠池氏は非常にうれしく、これで物事が進んでいくと思ったのであり、その後、谷氏に手紙を書いたという推測は成り立ち得るだろう。
と述べています。

 いずれも十分に納得させるものです。
 ブログ:「誰も通らない裏道」と日刊ゲンダイの記事を紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
証人喚問と共謀罪
誰も通らない裏道 2017年3月26日
 とりあえず籠池夫妻の思想信条については脇においておく。
 この夫婦はとにもかくにも小学校設立のために走り回り、府議や国会議員のもとへ足を運んでいた。が、たとえ与党にいても力のある議員はそうそういるわけではない。
 学校入学の陳情を受けて合否情報を先に学校側から聞き出し、合格していれば、それが実力であるにもかかわらず「なんとか合格しました」といってカネを受け取り、不合格であれば「残念ながらダメでした」と伝えるような事務所はゴロゴロある。
 実際、籠池氏が証人喚問で名前を挙げた議員に相談してもまったく物事は進まなかった(「問い合わせはしたがそれだけ」と言った議員がいたが、まさにそれしかせず、省庁からはまったく相手にされなかったわけである)。
 
 ところが、時の総理大臣夫人がやってきて(籠池証言を信じるなら)100万円を寄附してくれて、さらに「一人でさせて申し訳ありません」と言ったという。そこには言外にか実際に言葉に出してかはわからないが、「これからは私(安倍晋三も含む)も協力します」というニュアンスが濃厚に出ていたのではないか? もしそうなら、その際に夫人が「具体的なことは谷氏とやり取りしてください」と言った可能性は十分にある。このことをして、籠池氏は「非常にうれしく、これで物事が進んでいくと思った」のであり、その後、谷氏に手紙を書いたという推測は成り立ち得るだろう。
 なにしろそう言ってくれた相手は役立たずのチンピラや三下ではない、総理大臣夫人なのである。
 籠池夫妻の喜ぶまいことか。そりゃあ直後の運動会で「安倍首相ガンバレ、安倍首相ガンバレ、安保法制国会通過よかったです」ぐらいのことを幼稚園児に言わせたくなるのもムリはない(無論、それが正しいと言っているわけではない)。
 しかも、その後現実に、与党の連中も認める「ムリ筋」案件のハードルが消え去っていくのだ。
 まことにもって総理大臣の妻の威力、陳情処理能力は絶大だったわけである。
 
 蛇足だが、二十年以上前、私は一度だけ付き合いのあった自民党の大物に属する代議士秘書に、知人のことで陳情したことがある。その効果はまことに絶大で、まさに神風。満額回答の知らせを受けた知人は狐につままれた顔で私を見て「信じられない」と言ったものだった。
 ことほどさように陳情が威力を発揮することがあるわけだが、もちろん秘書を通じて問い合わせを受けた側も、背後にいる議員のランクを見ているわけで、それが総理大臣夫人(=総理大臣)であればどんなムリ筋でも通そうとするのは当然のことである。
 
 それにしても、、、
 このたびの証人喚問を見ていて明らかだったのは、籠池氏を偽証罪で引っかけようという与党の満々の「意欲」である。当初は参考人招致でさえ消極的だった連中が、「総理を侮辱した」という理由で証人喚問に応じたのは、一にも二にも100万円の寄附をいい始めた目障りな人間を「偽証罪」でぶち込むためであろうし、いまもそれを虎視眈々とそれを狙っている。相手が民間人であろうがなんだろうが知ったことではない。
 これは安保法制の時も顕著であったが、安倍政権の最大の特徴はリーガルマインド順法精神の著しい欠如であり、目的のためなら法律などどう捻じ曲げてもよろしいという姿勢は際立っている。
 そういう連中が共謀罪を手にしたらどうなるか? 自分たちの気に入らない、目障りな人間をどんどんぶち込んでいくことは火を見るより明らかであり、この法案の目的はその一点にある。
 この最悪の法案を潰すための最善手は、アッキード疑獄で安倍政権を潰すことだろう。
 
 
 巻頭特集
昭恵夫人付に全責任転嫁 森友“幕引きシナリオ”は完全破綻
日刊ゲンダイ 2017年3月25日
■昭恵氏の関与は明白だ
 森友問題は籠池理事長を証人喚問すれば早期幕引きが図れる――。安倍政権はこんなシナリオを描いていたようだが、証人喚問で新証言が次々飛び出したことで疑惑はさらに拡大。とりわけ、決定打となっているのが、国有地に関して「内閣総理大臣夫人付」の谷査恵子氏が2015年11月17日に森友側に送付したファクスだ。
〈財務省本省に問い合わせた〉〈予算措置を行う方向で調整中〉〈昭恵夫人にもすでに報告している〉
 昭恵氏が国有地売却に “関与” していたという証拠をここまでハッキリと突き付けられれば、安倍首相だってグウの音も出ないだろう。ところが、24日の参院予算委では、シレッとした様子で「私の妻が関与したことにはまったくならない。むしろゼロ回答であり、忖度していないことが明らか」なんて詭弁を弄していたから呆れる。
 
森友学園の名誉校長のために公務として動いたと考えるのが自然
「昭恵夫人付職員が個人で作成・所有したもの」「夫人付職員個人が回答」
 谷氏のファクスについて、参院予算委で菅官房長官はこう答弁していたが、これには驚きだ。要するにファクスのやりとりは、谷氏が個人的に行ったもので、昭恵氏とは無関係だった、と言いたいらしい。しかし、小泉元首相の首席秘書官を務めた飯島勲氏のように、大物政治家の秘書であれば、自身の判断で動くこともあるだろう。しかし、谷氏は単に経産省から出向していただけの役人である。「内閣総理大臣夫人付」の肩書で好き勝手に振る舞っていたとは到底思えない。「ミスター文部省」と呼ばれた元官僚の寺脇研京都造形芸術大学教授はこう言った。
「役人が勝手に動くということは絶対にありません。昭恵氏が自身のフェイスブックなどでも明かしている通り、谷氏は昭恵氏の秘書役だったわけで、仕事として公務で財務省に問い合わせ、回答を得てファクスを送ったと考えるべきです。しかも、谷氏は昭恵氏が塚本幼稚園で行った講演に随行し、名誉校長に就任したことも知っていた。つまり、昭恵氏が森友学園の“一員”だったことを把握していた。その森友学園側から『調べて』と頼まれれば、当然、昭恵氏のために動いたと考えるのが自然です。(菅官房長官の答弁は)すべての責任を谷氏に押し付けているようで、本人を侮辱していますよ」
 
 ファクスの文面にあった〈当方として見守ってまいりたい〉の〈当方〉は誰か、と問われた菅官房長官は「当然、谷さんです」と答えていた。だが、なぜ、霞が関の一官僚が森友学園の小学校建設の推移を見守る必要があるのか。誰がどう考えてもあり得ない話だろう。
 
 ハチャメチャ答弁は財務省も同じ。谷氏の問い合わせに対し、当時の田村嘉啓国有財産審理室長が懇切丁寧に説明していたことについて、佐川理財局長は「一般からもさまざまの問い合わせがあり、職員が自らの知識で答えている」「各職員が現場で丁寧に対応している」なんて答えていたからだ。財務省としては、決して「安倍昭恵案件」を意識したわけじゃない、国民からの問い合わせには親切に応対しただけですよ――みたいな言い回しだったが、ウソ八百だ。
 例えば、日刊ゲンダイ記者の取材に対しても、まずは「紙(質問)を送れ」と高圧的な態度で迫り、送っても、その後ナシのつぶてはしょっちゅう。「担当者不在」を理由に “取材拒否” も当たり前で、何が「現場で丁寧に対応」なのか。
 
■卑劣で愚劣なペテン政権
 要するに安倍政権は総力を挙げて女性職員に全責任を転嫁し、森友問題を葬り去ろうとしている。これほど卑劣で愚劣な政権は見たことがない。その一方で、渦中の昭恵氏はきのうもまた、北九州市で講演だからイイ気なものだ。「お騒がせしています」と涙ぐんだらしいが、涙を流すほど反省しているのであれば、自ら証人喚問に名乗りを上げればいい。メディアの取材には一切応じないまま、一方的にフェイスブックで反論なんて非常識にもホドがある。元検事の落合洋司弁護士はこう言った。
「この問題は、海外でも『安倍首相夫人がウルトラナショナリストに100万円』――などと報道され始めている。もはや、政権として、このまま知らん顔できる状況ではありません。昭恵、谷両氏を証人喚問して徹底的に真相解明するべきです。記憶に沿って本当のことを言うのであれば、証人喚問など恐れる必要は全くありません。少なくとも、幕引きというわけにはいかないでしょう」
 
 塗り固めたウソのために1人の公務員を犠牲にする。こんな人身御供を平気でやる政権が許されるはずがなく、さらに世論批判が高まるのは確実だ。そうなると、いよいよ現実味を帯びてくるのが政権ブン投げの再現だ。なるほど、確かに最近の安倍首相の顔色はドス黒さが際立ってきた。森友問題の早期幕引きが崩壊し、イラついているのだろうが、もがくほど、追い詰められていくのは安倍首相自身なのである。

共同通信と日経新聞・TV朝日が世論調査

 共同通信(25~26日)と日経新聞+TV東京(24~26日)が行った世論調査では下表のとおり、内閣支持率は52・4~62%、森友学園問題で政府の説明に「納得できない」は82.5~62・6%でした。
 なお、共同通信の調査で、「昭恵夫人を国会に招致して説明を求めるべきだ52・5でした。
 
           世論調査結果    単位 % (カッコ内は前月とのポイント差)
 
 
 
共同通信
日経新聞・TV東京
 
 内閣支持率
 
 
 
 
支持する
52・4 (-3・3)
62  (+2)
 
 
支持しない
32・5  (  ?  )
30  (+ 0)
 
 
 
 
 
 
 森友学園問題 政府説明に
 
 
 
納得できる
10・7 or  28・7
15
 
 
納得できない
82・5  or  62・6
74
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安倍首相の説明「納得できぬ」62% 内閣支持率は3ポイント減の52% 
共同通信世論調査
産経新聞 2017年3月26日
 共同通信社が25、26両日実施した全国電話世論調査によると、大阪市の学校法人「森友学園」の国有地払い下げ問題に絡み、安倍晋三首相が昭恵夫人を含めて関与を否定していることに「納得できない」とする回答が62・6%だった。「納得できる」の28・7%を大きく上回った。昭恵夫人を国会に招致して説明を求めるべきだとの回答は52・0%。内閣支持率は52・4%で前回の11、12両日調査に比べ3・3ポイント減った。不支持率は32・5%。
 
 国有地が格安で払い下げられた問題の経緯に関し、政府が十分に「説明していると思わない」との回答は82・5%に上り、「説明していると思う」の10・7%を上回った
 籠池泰典氏が国会で証言した首相からの100万円の寄付に関し、事実関係を否定している首相の説明を「理解できない」とした回答は58・7%、「理解できる」は30・2%。昭恵夫人の国会招致は必要ないとした回答は42・8%だった。
 天皇陛下の退位に関する法整備を巡り、国会見解に沿って一代限りの特例法で可能にすることに賛成は56.2%、反対は34.9%。
 共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案に賛成は38.8%、反対は40.0%だった。〔共同〕
 
森友問題、政府説明「納得できず」74% 本社世論調査  
日本経済新聞 2017年3月26日
 日本経済新聞社とテレビ東京による24~26日の世論調査で、安倍内閣の支持率は62%だった。2月下旬の前回調査(60%)と比べて横ばいだった。不支持率は前回と同じ30%。学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐり、これまでの政府側の説明に「納得できない」と答えた人は74%で、「納得できる」の15%を大きく上回った。
(中 略)
 内閣支持率を男女別でみると、男性が2月と比べて5ポイント上昇の68%、女性は2ポイント低下の54%だった。特定の支持政党を持たない無党派層の内閣支持率は38%と、4ポイント上昇した。
 内閣を支持する人に理由を尋ねると「安定感がある」が41%と最も多く、「国際感覚がある」が30%、「指導力がある」が27%で続いた。
(後 略)

27- BLOG あのな、教えたろか。(小林よしのり氏)

 「ゴーマニズム」で一躍有名になった小林よしのり氏は、かつては右翼の一方の雄と見られていたように思います。
 いまは周囲から「右翼なのか左翼なのか」と問われているようのですが、それに対しては「日本人の常識(バランス感覚)で判断しているだけ」だとして、「自主独立派 保守」を標榜しています。
 小林よしのり氏の3月23日以降のブログを紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
午前中の証人喚問を見て  2017.03.23(木)
 
午前中の証人喚問を見て、エセ保守カルトの洗脳が解けた籠池理事長は、正直になっていると思った。
偽証はしていない。
安倍昭恵が100万円寄付したことは本当だろうと思った。
この真偽を確認するためには、安倍昭恵を参考人招致ではなく、「証人喚問」すべきだ。
安倍昭恵は嘘をついている。
それにしても西田議員があんなに馬鹿だったことにも驚いた。
いくら安倍首相を守りたいと思ったにしても、安倍昭恵をまるで信者のように妄信する感覚が分からない。
劣化保守になると、客観性を失ってしまうのだろうなあ。
 
午後の証人喚問を見て  2017.03.23(木)
 
午後の証人喚問を見たが、わしは籠池という人物を見直した。
エセ保守カルトの洗脳が解けたら、あんなに正直に、肝の据わった答弁が出来るのか。
もともとあんな人格だったら、エセ愛国イデオロギーに染まらなければ、結構立派な仕事も出来ただろうに。
惜しいことだ。
劣化した保守イデオロギーが彼の人生を狂わせた。
 
それに比べて、安倍昭恵という人物はなんという無責任で、嘘つきなんだろうか
安倍昭恵を「証人喚問」しなければ、卑怯である。
籠池理事長の証言を信用するしかない。
 
 
籠池には命の危険があるから警察は守れ  2017.03.23(木)
 
『よしりん辻説法』のペン入れをやりながら、国会の証人喚問を聞いた。これは面白かった。
だが外国特派員協会の質問がつまらなくて、たまらん。
ひとつ警告しておくが、森友学園のHPに天皇が訪ねたという嘘が載ってたらしいが、それを過剰に問題にするのは危険だ。
この男は不敬な奴だというイメージ操作をしていると、籠池が刺されるかもしれない。
殺人教唆をしているのではないかと、わしは疑う。
 
天皇に対する侮辱なら、現在の「男系保守派」の方が酷い。
天皇退位問題でも、陛下の気持ちを完全に無視して、「摂政にしろ」と言ったり、「特例法でいい」と言ったり、「男系しか許さない」と言ったり、極限の不敬を行なっている。
宮さま詐欺のような商売をしていた奴だっているのだ。
 
籠池は嘘つきだが、嘘しかつかない男ではない。
自公や維新が「この男は嘘つきだから何も信じるな」というイメージ操作をしても、無駄だ。
安倍昭恵の方が嘘つきだから、証人喚問に応じないと、多くの人々が思っているだろう。
 
 
西田昌司は保守ではない  2017.03.24(金)
 
西田昌司は本当に馬鹿だな。
安倍昭恵の100万円の寄付金も、安倍昭恵の夫人付からの財務省への「口利き」ファックスも、これが本当だったら、籠池・森友学園のために行なわれたことになるのだぞ。
つまりこれは、首相の妻・安倍昭恵による権力の乱用ではないか!
100万円も、夫人付ファックスも、国家システムの私物化の証拠となるゆえに、徹底解明をしなければならん。
 
そのためには安倍昭恵の証人喚問は仕方がなかろう。
「女は可哀想」「妻を証人喚問するのは首相が気の毒」と思ってるなら、男尊女卑だ。
国家システムは、国民のために「公平」に使われるものであって、権力者の縁者に都合よく使わせてはならない。
西田議員は一緒に飯食ったこともある知人だが、安倍ポチとなって常識を見失い、みっともなさすぎる。
それが保守の態度か!
 
 
アッキード事件の証明  2017.03.25(土)
 
人のメールなんか公的な意味合いがあるのかどうか疑わしいが、籠池夫人と安倍夫人のメールの内容がテレビで報じられている。
安倍昭恵の声はマリア様のような優しい声で、籠池夫人の声は低音の老けたおばはんの声で読まれている。
印象操作だろう。
(昭恵)デビ夫人はすごいですね!(マリア様の声で)
(籠池)あきえさんも協力してください。(おばはん声で)
(昭恵)祈ります。(マリア様の声で)
くだらないなあ。笑ってしまうよ。
こんなメールで議論したって意味ないだろう。
キリスト教徒なのかどうか知らないが、こんな罪深いイノセントはないですよ。
 
証人喚問後の、安倍昭恵のフェイズブックでの反論も、本人が書いたものではないと、わしは思っている。
あれは官僚が書いたものだ。
寄付金100万円について、安倍昭恵は一貫して「記憶にない」と言ってたのに、フェイスブックでは「寄付金をお渡ししたことも、講演料を頂いたこともありません」と断言調になっている。
しかも「籠池夫人とのメールのやり取りの中では、寄付金があったとか、講演料を受け取ったという指摘がない」と客観的に分析し、「私からも、その旨の記憶がないことをはっきりとお伝えしております」と締めくくっている。
第三者が書いたなとすぐ分かる。
政権が、今回の「アッキード事件」に関する安倍昭恵の肉声を完全に封じている。
この問題はやはり「アッキード事件」だったのだ。
安倍昭恵を証人喚問して、籠池と昭恵、どっちが偽証罪で逮捕されるかを見るしかないだろう。
 
 
「橋下 羽鳥」の番組に出て思う  2017.03.25(土)
 
今日は「橋下羽鳥」の番組収録だった。
わしは社会的責任を取らない安倍昭恵のことが大嫌いなので、ネットの生放送で言ってる批判の100分の1くらい言ってしまったかもしれない。
名誉棄損になるとスタジオが色めき立ったが、どうぞそのまま放送してほしい。
訴えてきたら徹底的に戦う覚悟がある。
 
しかし地上波では自然に自主規制してるのだが、あれしきの批判でなんで驚くのかさっぱり分からない。
平井理央さんも「一私人」という見方に異議を唱えていたが、女性もそう見るかと思って意を強くした。
月曜日放送だからぜひ見てくれ。
橋下徹はわしと考えが違うのだが、どうしても嫌いになれない。
基本的に公明正大で、悪いことはしない人間のような気がする。
ただ、権力者の側にいるから、注意しておかなければならない。
特に安倍晋三とは近い男だから、警戒を怠ってはならない。
 
Yahoo!ニュースで松井一郎知事が言っていた「忖度」こそが民主主義という考えは違うと思う。
いずれ分かりやすく説明しなければならない。
しかし籠池のおっさんを証人喚問して、悪人の印象操作に終始した自民党の邪悪さには反吐が出る。
まさに籠池の言う通り、トカゲの尻尾切りで幕引きを図ろうとしただけだ。
国有地の8億円の値下げは妥当という見方には疑問がある。
羽鳥氏の「モーニングショー」で深掘りしてもらえないだろうか?
 
 
国家システムの私物化を糾弾せよ!  2017.03.26(日)
 
籠池・森友学園疑惑の核心は、「国家システムの私物化」である。
安倍昭恵が官僚機構を私物化していた可能性はかなり高い。
安倍首相自らの私物化も、15年9月3日の迫田理財局長との密室会談から、大いにあり得る。
9月5日には安倍昭恵が籠池理事長の建設予定の小学校の名誉校長に就任しているのだ。
 
自民党は安倍昭恵に「違法性」がないことを証人喚問拒否の理由にしているが、もともと「違法性」は関係ないのだ。
自民党が「参考人招致」ではなく、「証人喚問」にした理由は、籠池氏を悪人に仕立てあげて、トカゲの尻尾切りで幕引きを図るためだった。
そのための理由付けが「安倍首相への侮辱」という私怨である。
証人喚問の動機が不純であり、この時の与党の籠池氏への脅しは人権侵害の疑いがある。
 
だが、この証人喚問は完全に裏目に出た。
寄付金100万円と、夫人付官僚のファックスの意味合いが、問われる事態になった。
寄付金100万円を軽く見るのは間違っている。
安倍夫妻の森友学園への支援の動機付けになる。
国家システムの私物化」の出発点だ。
国家システムの私物化」は韓国大統領の権力を、占い師が利用していたスキャンダルと一緒である。
韓国で朴槿恵大統領を弾劾裁判で追放したのと同じように、民主主義の健全化のためには、安倍首相と昭恵夫人の共謀罪を問わねばならない。
 
国有地の8億円値引きが妥当なら、大山鳴動ネズミ一匹とはならない。
自民党が主張しだしたこの説にも、わしは疑念を持っているが。
劣化した愛国コネクションのために、「国家システムの私物化」が不問に伏されれば、民主主義の公平性に大きな疑問符がつく。
だからこそ安倍昭恵と迫田元理財局長ら官僚の証人喚問が必要なのである。
国家システムの私物化」は民主主義を脅かす。
この問題を軽く見てはいけない。
太字強調は原文に拠る